介護特化型人事制度について思う・・・・

皆さん、こんにちは。

「日本で一番大切にしたい会社」の 

名著で有名な法政大学の坂本光司教授

の書かれた本の中に、こんな一節があります。


『人財問題は、確保、育成、

評価の三つに大別できる。

最も重要なのは評価である。

納得できる評価基準があれば

社員は放っておいても自己

研さんするし、さらにその

社員の主体的自己研さんの

努力と、成長している姿

を見た他社の社員や求職

者はそうした人が育つ職場

に集まっくる。

納得できる評価で重要な

ことは、評価の透明性、

公平性、そして愛情である』

( 「経営者の手帳」からの抜粋。)



人事評価とは、経営者の

理念や想いを社員に具体的

な行動で明確に伝え(透明性)

そしてそれを、公平に

処遇するプロセスを社員

に公開する。

それにより、社員は、経営者が

求めていることを理解でき、

自分に不足しているところが

有れば、自発的に自分を変えていくことで

成長していく。


そして、経営者として最も

大切な事は、社員一人一人の

成長を願う「愛情」を持つこと。

そしてそれが、日々の行動や判断で

実践できる事。


私が目指していきたい人財育成型

の人事評価とは、

このような人事評価制度です。

社員、経営者が共に成長し

「幸せ」を感じる事が出来る、

それを実現する手段として人事制度。

そんな制度の構築をめざし、

これからも、

自分自身の学びを深め

ていきながら、みなさまを

ご支援することが出来たら、

と思っております。

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから

相談・ご依頼の流れはこちら