人材採用コンサルティング

1.適正検査の重要性

「採用の失敗は、育成でリカバリーはできない」とよく言われます。

それだけ、「採用」は組織にとって大きな影響を与えることはご承知のとおりです。
その為のリスクヘッジ策の一つとして、弊社では、採用時の職務適正を見極めるツールである「適性検査」をご案内しております。

とくに、弊社がお勧めしている適正検査は「福祉と医療分野」に特化した適正検査と言われているサービスです。全国の福祉施設、保育園、病院、クリニック、などで採用実績のある適性検査で、医療従事者、福祉従事者の適性や定着性に関する膨大なデータから、質問項目を厳選いたしました。質問に答えていただくだけで、候補者の性格・パーソナリティー、価値観など、面接ではなかなかわからない特徴やそれによる職場定着性、精神面的強さ、社会性・意欲欲求などを「見える化」することができます。

2.導入メリット

  1. 福祉・医療の分野で必要な「職務能力」と「人間力(ヒューマンスキル)」の双方に関する適性を確認できます。
  2. 候補者が、就労前に感じている職場イメージを面接前に把握することで、ポイントを絞った質疑が可能になります。
  3. 適性検査結果と入職後の実際を照合することで、適性検査と実際の働きぶりとの関係性を把握することが出来、今後の採用基準として活用が可能になる。

3.スピーディーな検査結果

検査をした、直後に結果をご連絡いたします。採用時の適性検査については、検査回答用紙を当社にFAXもしくはメールで送信頂ければ、最短で1時間以内で適性検査結果をご連絡させていただきます。

4.活用事例のご紹介

【A医療法人の事例】採用選考の客観的指標として活用

(1)取り組み

  • 面接の印象評価だけでなく内面、見えない部分も観た採用にシフト
  • 法人理念に即した求める人物像を具体化するツールとして活用
  • 採用にはコストがかかる為、短期離職はダメージが大きい。その為、採用時に離職傾向を未然に予測。

(2)その後の効果

  • 面接における評価明確化
  • 求める人材像が定量的可視化
  • 人材紹介会社への支払いが大幅減

5.採用結果分析シートサンプル

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから