人事制度の効果的運用のポイント その2

ポイントの2つ目は

 「事後評価、抽象評価を改善する」です。

 一般的に評価制度の運用では、事後評価が行われている

ことは前述しました。つまり期の終わりに評価が

行われるのです。

この評価のための評価制度を改める必要があります。

今までの評価制度は次のような欠点を抱えています。

・目的達成度といった具体的な評価要素はありますが、

抽象的な評価要素(例えば責任感、協調性など)も多く、

評価される側にとっては評価の基準が明確にはわからない。

・職員の能力や努力を「後になって」または「1年後に」

に(メモしておいて行うか、思い出して行うかは評価者に

よって差があると思うが)評価する。


・評価する場合の着眼点として、何を評価するかが不明確な

まま期が始まる。従って、職員はどのような行動や努力を

すべきなのかが不明確なまま新しい期を迎える。

このように、評価は抽象的な着眼点で、かつ事後評価が基本的な

運用になってしまっています。

これでは、職員を育てる評価制度の運用になってはいないのです。


お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから