「天命にしたがって全力を尽くす」

皆様、こんにちは!!

最近、はまっている本に

「三方よしの人間学」(PHP出版)

があります。


この本からは、改めて多くの「気づき」を

頂いております。

一遍一遍は非常に短い文章にまとめられて

おりますが、一つ一つの内容に込められて

いる内容は、とても意味深いものになって

おります。

是非、皆様も お時間があれば、一度

読まれてみることをお勧めいたします。

今日は、その著作の中で、印象深かった一つを

ご紹介いたします。

以下は、著作からの引用です。


「人事を尽くして天命を待つ」という言葉を良く耳にします。


学力、知力、財力、権力など自分のミツすべての力をつくし

結果については天に任せるという意味です。

結果の良し悪しに関わらず、全力を尽くすのは大変潔い

姿勢といえます。

しかしそこには、「全力を尽くしたのだから


結果どうなっても仕方ない」というあきらめの気持ちもい


含まれているのではないでしょうか。

またどういう目的に対して全力を尽くすのかという視点が、

この言葉には含まれていません。


順序を変えて次のような考え方をしてみては、いかがでしょう。


なわち、「天命にしたがって全力を尽くす」のです。


与えられた場や機会を自分の天命と受け止めたうえで

、それを最大の目標にすえて、あらゆる手立てを尽くして

実現を目指すということです。

人はそれぞれ人生を歩んでいくうえで、

天から与えられた使命というものがあります。

利己心にとらわれず、無心の状態で、その使命の

実現のために全力を注ぎます。

また目的遂行の過程において、すべてのものを

慈しみ育てようとする、低い、優しい、温かい心

をもって取り組んでいくのです。


天命に従いながら、道徳的な生き方を貫き、

一つ一つの事に全力で当たれば、品性は向上し、

目標も成就するでしょう。




いかがでしょうか。


私がいままで出会った師と仰ぐ方々すべて

この考え方で前進されているように思います。

また一流の経営者もしかりです。


経営者は皆、そこで働く社員とその家族の幸せ背負って

います。

経営者は やはり 結果を出す覚悟が必要なのです。

経営者として 天命を感じ、一瞬たりとも無駄にする

ことなく、考え続け、そして

行動していかなければならない。

 また、「想い」を言葉にし、自分を追い込むことで

ひとつひとつ それを実現していく。

これこそが経営者の「誠実さ」でありまた

「ダイナミズム」だと思います。

経営者として、まだまだ至らない自らを振り返り、

一歩でも「師」に近づくことを志として、

日々を前進していかねば、と想いを新たにした

瞬間でした。

何かのご参考になれば 幸いでございます。




お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから