いま 現場のリーダーに伝えたいこと

みなさん、こんにちは!!

今日は、日ごろ感じている

職場のリーダーの心の

在り方について

みなさんにお伝えさせて

頂きたいと思います。




リーダーは自分自身に「指を向ける」

私が初めて部下なるものを持ち、

その彼が部下がなかなか私が期待していた

仕事レベルに達せず、

嫌気がさしていた時。

私は上司につい、愚痴ってしまいました。

私:
「〇〇さん(上司)、何でこいつらこんな

簡単なことが分からないんですかね?

中学生でもできますよ、こんなことは。

僕には全く理解できないです(溜息)」

上司:
『(笑いながら)、気持ちは分かるが、

その考え方をしている限り、

部下を育てられる人間にはなれんぞ。

「何でこいつら出来ないんだろう?」

という質問を変えてみろ。

「何で俺、出来るんだろう?」

って自分の心に問いかけてみろよ。』

私:
「。。。。。。。」

上司:「誰だって初めから出来ていた

訳がない。

お前だって昔はできなかったはずだ。

でも、今は出来るようになっている。

それは、そこに至るまでにいくつもの

階段を上ってきたからだろう。

「何でこいつら出来ないんだ?」

の言葉を使っている限り、

その階段は見えてこないぞ。

でも、
「何で俺、出来るようになったんだろう?」

「部下は今、どこにいるんだろう?」

と考えれば、

成長ステップとしての相手の階段が見えてくる

んじゃないか?

だから、自分自身に対する質問を変えるんだよ。

確かにお前の部下達は、

育った環境や生きてきた環境が違う中、

お前より能力は低いかもしれない。

でも、そこを理解した上で、

どうやって部下の成長を支援できるかが

上司の役割だ。
  
我慢大会だが、お前も大きく成長する機会だ。

頑張れよ。」

いずれも10数年以上前に言われた

言葉ですが、

今でも私の心の支えになっています。

皆さんはどう思われますか?

何かのご参考になれば幸いです。

職場リーダー(主任)の職場実践力&人間力向上研修

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから