人事制度の効果的運用のポイント その1

みなさん、こんにちは!

 さて、今回からは、いよいよ人事制度

の運用についてお伝えしていきます。

よく人事制度は「構築3割、運用7割」なんて

言われますが、これはいかに運用が重要であり


かつ、また難しいのかを物語っています。せっかく

苦労して作った人事制度を、活かすも殺すも、その後の

運用次第とも言えるのではないでしょうか。

さて、本号からは、人事制度運用で重要な4つのポイント

をお伝えします。今回はその1回目です。

「職員と情報を共有しながら、人事制度を作り上げていく」

です。


一般的に、人事制度は総務部および幹部職員が中心となって

作っていくケースが多いと思いますが、

できるだけ構築の段階から職員と情報を共有し、可能な限り

意見を聞きながら制度を作り上げていってください。

特に、制度検討にあたり、人事評価やキャリアパスの導入

メリットを職員同士で共有したうえで、スタートできれば

理想です。職員が制度構築への参画意識を持つことで、

上層部からの押し付けではなく、自分たちが作った制度という

意識を持って進めていくことは、その後の運用に大きな意味を

持ちます。

人事制度構築プロジェクトでは、是非、この点からスタート

していくことが一つの重要ポイントのように考えています。



お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから