介護事業者が陥りやすい、人事評価の5つの問題点 その3

介護事業者が陥りやすい、人事評価の5つの問題点 その3

評価項目は抽象的な方が、いろいろな側面から評価が出来てよいと考えていないか?


評価することは非常に難しくて、評価者訓練を受けないと

評価は出来ないと言われています。

しかしそれは、評価項目が抽象的で何を評価すれば

いいのかわからないという原因が考えられます。

評価を行う難しさには、

●人によって評価が変わる、

●評価項目が不明確なので評価する人も、される人も

わかりにくい、

●誤評価の原因

(ハロー効果、偏り傾向、寛大化など)評価する
ということに困難さが付きまとっています。

例えば「協調性」という表現で終わってしまう評価項目の

場合、何が協調性なのか評価者が判断しなければなりません。

抽象的な表現は職員をいろいろな視点から評価できる

ことになり有用の要ですが、評価の公平性や客観性からみる

とかなり深い問題が含まれています。具体的な行動表現に

することで、だれでも同じ理解とすることが大切です。


お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから