介護事業者が陥りやすい、人事評価の5つの問題点 その2

介護事業者が陥りやすい、人事評価の5つの問題点 その2


期末に評価するというやり方では、職員は育たない。

一般的に評価は期末に行われることが多いのですが、

問題は、その時の評価者が「彼はどんな行動をしたのか、

それはなぜか」そして「あの行動は、どの評価要素で

判断すればいいのか」そして「評価は何が適切なのか」

と考えてから評価を決定する方法です。

そして期末の評価で良かった点、悪かった点を通告される。

部下からすれば、先に「こんな行動をしてくれればS評価に

するからね」と言ってくれればそうしたのに・・・と思って

しまうかもしれません。

つまり、評価が人を育てる目的ならば、人がどんな行動を

すれば良い評価になるのかをあらかじめ明示しておくべき

なのです。「そのような行動・努力がS評価になり、

どのような行動がA評価・・・になるのか」を示すことで

部下は期待される行動や努力の仕方がわかるので、

実践するようになるわけです。

また、これを意識して仕事をしてもらう為のツールとして、

各個人に職員ノートを持ってもらい、その中に期待する

行動・努力を記載したシートを入れ、週に一度は自分で

見直してみることを行っている法人もあります。

年に一度や二度の評価では人は変われません。

大切なことは「習慣づけ」ということです。

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから