仕事を通じた人財育成


仕事で求めれられる能力について、社員が理解しやすい

形で提示されていますか?

社員個々人は、自分の能力水準が現在の仕事において

求めれる水準に比べてその段階にあるのか理解していますか?

ここで重要なのはその書き方。網羅的で硬い文章では

使いにくい。シンプルだけど具体的な事例が豊富なもの

にしたいものです。

そして本当に大事な部分がわかりやすい書き方が大切です。

人事評価では、その評価項目として、社員が行うべき「努力を

具体的に」示すことが大切です。

上司が部下にこう言ったとします。

「もっと仕事を効率的にしてもらわないと困るよ」。

すると部下は「わかりました、そうします。ところで

効率的に仕事をするってどうすればいいですか」と

聞き返してきました。この時の回答として「明日使う予定

の・・・」といったものであれば、効率的に行うコツが

わかるわけです。

どうすれば良い結果がでるのか、そのコツを着眼点として

明確に記載し、そのコツ、つまり努力をしたかどうかを

評価する仕組みとすれば、それは結果そのものではなく、

「良い結果を生むであろう行動と努力」を明確にすることに

より、職員の成長が期待出来ます。

つまり、評価制度で諦める職員をつくらない、なかなか良い

結果を生み出せない職員が「出来る職員」に育つ仕組みを

評価制度に盛り込むことが大切なのです。

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから