「かわさき健幸福寿プロジェクト」


みなさん、こんにちは!

今日、来年の制度改定に向けて

注目されている「自立支援介護」

について、川崎市の事例をご紹介

いたします。


介護サービス利用者の要介護度などが

改善した事業所に報奨金(約5万円程度)

を出し、

介護給付費の伸びを抑えることを目指す、

神奈川県川崎市の

“かわさき健幸福寿プロジェクト”。

第1期(2016年7月~17年6月)においては、

市内の介護サービス事業所の約1割に当たる

246事業所・214名(対象高齢者数)が参加し、

そのうち、延べ87事業所・34人で要介護度の

改善がみられたそうです。

ちなみに第2期は17年7月からスタート。

今月18日時点で313事業所・463人が参加申請
を行っているそうです。

下記をご参照下さいませ。

http://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000077/77282/annaisiryou.pdf

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから