H30年 介護保険の制度改定・報酬改定10の論点

みなさん、こんにちは!

来年の介護保険法改正と報酬改定に向けて

介護給付費分科会が行われているのは、皆様

ご存じのことと思います。

いちばん気になる報酬の改定については

まだ、詳細は見えてきませんが、制度改正

の大枠(論点)と報酬についても部分的ながら

方向性が見えてきましたので、下記に、今までの

論点を整理して皆様にお伝えいたします。



1、デイサービスとデイケア、そして認知症デイサービス

 などについて、機能役割を明確にして機能分担を行う。

 
2、ケアマネ管理者の役割の明確化、特定事業所集中減算の見直し


3、デイケアにおけるリハビリ専門職の配置促進、短時間サービス提供の促進

4、特養内での医療ニーズや看取りにより一層対応できる仕組みを構築する。


5、共生型サービスの指定基準などを検討する。

6、介護ロボットやICTを進める事業所に対する報酬や人員・設備基準の見直しを検討する。

7、軽度者への生活援助サービスにおける人員基準の緩和を検討する。

8.介護医療院の報酬や施設基準などを検討する。

9.介護職員の処遇改善加算の、2017年処遇改善加算見直し

 を踏まえて、引き続き検討する。

10.科学的介護も実現に向けたデータベースの構築や、
  自立支援に向けたインセンティブを検討する。

以上 次回は「訪問介護」と「通所介護」について

もう少し詳しくみていきたいと思います。




お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから