「 介護離職ゼロ」に直結する緊急対策

みなさん、こんにちは

さて、昨日には“一億総活躍社会の

実現に向けて緊急に実施すべき対策”が

公表されましたね。

そこで今日は、その中で「 介護離職ゼロ」に直結する

緊急対策 」についての部分のみご紹介

させて頂きます。


以下、政府発表文書「一億総活躍社会の

実現に向けて緊急に実施すべき対策」から



3.「 介護離職ゼロ」に直結する緊急対策

■高齢者の利用ニーズに対応した介護サービス基盤の確保


○2020 年代初頭までに、介護サービスが利用できずやむを

得ず離職する者を なくすとともに、特別養護老人ホームに

入所が必要であるにもかかわらず自 宅で待機している

高齢者を解消することを目指し、現行の介護保険事業計画 等

における約 38 万人分以上(2015 年度から 2020 年度までの増加分)の整備 加速化に加え、介護施設、在宅サービス及び

サービス付き高齢者向け住宅の 整備量を約 12 万人分前倒し

・上乗せし、約 50 万人分以上に拡大する。

【特 に緊急対応】

○用地確保が困難な都市部等において、賃料減額といった

国有地の更なる活用 や用地確保に係る負担を軽減するための

支援を充実させ、併せて施設に係る 規制を緩和することに

より介護施設等の整備を促進する。

複数の介護サービ ス基盤の合築等による規模の効率性を

働かせた施設整備や既存資源を有効 活用するための建物

の改修を支援する。

【特に緊急対応】

○介護する家族の就労継続への支援に効果的な介護サービス

の在り方等を的 確に把握するための調査手法の開発及び

自治体による調査の実施により、第 7期介護保険事業計画策定への活用を図る。

【特に緊急対応】 ○サービス付き高齢者向け住宅の整備を

加速する。加えて、当該住宅に併設す る地域拠点機能の

整備も支援する。

【特に緊急対応】

■求められる介護サービスを提供するための人材の育成・確保、生産性向上

○介護人材の確保を図るため、離職した介護職員の再就業支援、介護福祉士を 目指す学生等への返還免除付き学費貸付の大幅な対象拡大

〇キャリアパスの 整備を行う事業主に対する助成の拡充などを行う。

【特に緊急対応】

○介護人材の離職防止のため、介護機器企業の育成支援などに

より介護ロボッ トの活用を進め、介護人材の負担軽減を推進す

る。また、介護事業の生産性 向上のため、ICT の活用や

作成文書の削減・簡素化による文書量の半減など、

事務負担の軽減を推進しつつ、業務プロセスの改善を図る。


■介護する家族の不安や悩みに応える相談機能の強化・

支援体制の充実

○介護に取り組む家族のための総合的な相談機能を地域・

職域を通じて強化す る。また、介護と仕事の両立についても、

地域包括支援センターにおけるケ アマネジャー(介護支援専門員)が

助言できる体制を整える。さらに、ボラ ンティア等による

認知症の人の居宅訪問や民間による見守りサービスの

育 成・展開など家族に対する支援を推進する。

○介護が必要になったときに速やかにサービスの利用が

できるよう、国及び自 治体において、介護保険制度の内容や

手続きについて住民への周知徹底を図 る。


■介護に取り組む家族が介護休業・介護休暇を取得しやすい

職場環境の整備

○介護休業を利用しやすくするため、対象家族 1 人につき 93 日取得すること が可能な休業を、分割取得できるよう制度の

見直しを検討する。また、介護 休暇について、より柔軟な取得が可能となるよう検討する。

○介護休業の前後で所得を安定させるため、介護休業給付の

給付水準(40%)に ついて、育児休業給付の水準(67%)を

念頭に引上げを検討する。


いかがでしょうか。

「介護離職ゼロ」に向けた最大の課題

やはり「人材の確保」ではないかと思います。

それを、どのように実行してゆくのか。」


今後の具体策が待たれるところです。

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから