オランダで広がる「農業+介護」

みなさん、こんにちは!!

今日は、海外における介護のトピックス

をお知らせいたします。

以下、ダイヤモンド社、ケアビジネスパートナー社

からの情報に基づき掲載させて頂いて

おります。

自然に囲まれた農場で
認知症高齢者が作業

 高齢者ケアの最も大きな課題の一つは

認知症ケアである。認知症は、発祥の詳細な

原因が未だに解明されず、従ってその根治薬もない。


高齢者の増大と共に、認知症者は増えていく一方である。


欧米各国とも頭を悩まし、今や「国家戦略」として

位置づけ、国を挙げて向き合い出した。

 在宅医療・介護が欧州で最も充実しているオランダでは、


10年以上前から様々な政策が繰り出されている。

その一方で、民間の自主的な運動も盛んだが、中でも


最近注目を集めているのが「農場ケア」である。

 野菜や果物の農場、牛や羊を飼う畜産農家などが

認知症高齢者を受け入れ、緑豊かな自然な環境中で

共に過ごし、時には肥料や餌やり、収穫、清掃など


いろいろの農作業を営む。自然の中で生活することで


認知症の進行を遅らせ、施設入所することなく日々の

生活を送ることができるという。

筆者はこの4年前から毎年、オランダの高齢者ケアの

現場を視察しており、農場ケアの現場もいくつか訪問してきた。

事例を直に見ることで、「農場ケア」が急速に広がり

つつあることが実感できた。

 日本でも、同様の動きが期待されそうだ。

知的障害者などの働く場として農業との連携は見られるが、


認知症高齢者のケアの手法としても大いに参考になる

可能性が高い。



オランダの中央部、チーズの生産地として知られる

ゴーダ市の近郊。水路が行き交うこの国独特の農村の中に、

手書きで「ゾルフブールデレイ・ヘット・ブーラ・エルフ」

(ケア農場・ブーラの農園)と書かれた木の看板を出す

農家がある。草原に牛が寝そべる微笑ましい絵が添えられ、

温かい雰囲気に思わず引き込まれる。

正面にサンルームを張り出したとんがり屋根の建物がある。

元は飼料を蓄えるサイロだったが改装してデイルームに


仕立てた。その中は、普通の家庭よりやや広いLDK

(リビング・ダイニング・キッチン)のワンルーム。

昼前に訪ねると、男女同数の6人の認知症高齢者が、

半円形に並べられたゆったりしたソファで寛いでいる。

「朝のコーヒータイムの後に、今朝の朝刊を広げて

世の中で何が起きているかを話し合いました。

これから、みんなで散歩に出ようとしているところです。

散歩といってもヤギに餌をやったり、温室で掃除もします」



ソファの後ろから説明するのは、この農場を夫と

運営しているコリー・ブーラさん(51歳)。

この日のスタッフは、介護のプロと研修生、それに調理を

担当男性ボランティアの3人。抱える総スタッフは介護職が5人、

研修生が4人、それに10人のボランティアが加わる。

利用者は、最高齢の92歳の女性や元大工さん、

元自動車修理工など近在の住民である。朝9時から午後4時まで

過ごす。週4日開いており、日本のデイサービスにあたる。

昼食は一緒にとるが、入浴はない。家族が送ってくる人や

ボランティアのマイカーに頼る人、あるいはタクシーで来る人

もいる。タクシー代は、介護保険にあたるAWBZでまかなわれる。


隣の大きな屋根の建物を覗くと、乳牛が両サイドに

ズラリと顔を揃えている。絞った乳を出荷するのが農家

としてのブーラさん夫妻の仕事だ。

「55頭の乳牛によるミルクの収入と介護保険からの収入が

ちょうど半々です」とコリーさん。この自宅とは別に、

近くの修道院を借りてもうひとつのデイサービスも運営している。


いかがでしょうか?

新しい、認知症ケアのスタイルを示唆しているようにも

思えます。もちろん、現状日本の介護保険の枠組みの中では

課題も多いものと思います。

ただ、最近 よく、障碍者施設にお伺いさせて頂き

感じるのですが、障碍者の方々が 自分の仕事を持つこと

で「生きがい」や「やり甲斐」を見出し、懸命に働く彼ら

(彼女ら)は立派な戦力となっているという事実です。

「生きがい」や「やりがい」が人間が生きる上で、いかに

大切なものであるのか、それはまさにご高齢者、認知症の

方々にも同様なのではないでしょうか。

また、障碍者の方の一部に見られるように、働くことで

障害の程度が軽くなった、等の報告もあるようです。

認知症にも、もしかしたらそんな効果が期待できると

素晴らしことになるのではないでしょうか。

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから