「日本で一番大切したい会社」大賞AWARD

みなさん こんにちは!!

今日は先日もご紹介した


3月20日に開催された第5回「日本でいちばん大切

にしたい会社」大賞AWARDのご紹介をもう少し

詳しくさせて頂きます。

今回の表彰式へは厚生労働副大臣 山本 香苗氏、

経済産業大臣政務官 岩井 茂樹氏、

中小企業庁次長 小林 利典氏にご列席いただきました。

会場には400名を超える方にお集まりいただき、

大変盛大に行われました。

表彰式後の懇親会へは250名を超える方にご出席いただき、

メイン会場のほか

大型モニターを設置して別会場にてご参加いただいた

ほどでした。


今回は経済産業大臣賞、厚生労働大臣賞、中小企業庁長官賞、

実行委員長賞各1社、

審査委員会特別賞9社の計13社が表彰されました。

受賞企業と、受賞理由については添付ファイルをご覧ください。

右の写真をご覧ください。
(クリックすると拡大画面をご覧いただけます)

また、東京新聞の社説に紹介された記事も

ご紹介いたします。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015032502000150.html#print

今回も素晴らしい企業が、受賞をされましたが、

やはり皆様にお伝えしたいのが、なんといっても

介護施設の初受賞です。

審査委員会特別賞を受賞された

「タンポポ介護センター」様(愛知県 一宮市)。

その受賞理由を紹介いたします。

「介護施設のイメージを一新してくれる会社である。

イキイキと輝くスタッフと笑顔でサービスを受ける

お客様、まさに従業員満足と顧客満足が両立している。

施設の規模も日本最大であるが、規模が大きくなっても

サービス品質レベルは高い。

9割はパートさんだが輝くお母さんの集まりであり、

お母さんの働く場を提供して、地域社会になくては

ならない存在になっていることが高く評価された」

いかがでしょうか。

これからも、このような介護施設を どんどん

増やしていくことが、今後の介護業には必要

であることは実感した瞬間でした。

みなさん、是非、一緒に頑張っていきましょう。


お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから