「夢を実現するための3つの条件」

みなさん、こんにちは!!

今日は、

「夢を実現するための3つの条件」


と題し、ご存じ、大リーガー 鈴木

一朗選手の記事をご紹介させて

頂きます。

イチロー(ニューヨークヤンキース)  
         
      
   ※特典書籍『心に響く小さな5つの物語』より



└───────────────────────┘


ある小学6年生の作文がある。


  * *

「僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
 
 そのためには中学、高校と全国大会に出て
 活躍しなければなりません。
 
 活躍できるようになるためには練習が必要です。

 僕は3歳の時から練習を始めています。 
 
 3歳から7歳までは半年くらいやっていましたが、
 3年生の時から今までは365日中360日は
 激しい練習をやっています。
 
 だから、1週間中で友達と遊べる時間は5、6時間です。

 そんなに練習をやっているのだから、
 必ずプロ野球の選手になれると思います。

 そして、その球団は中日ドラゴンズか、
 西武ライオンズです。

 ドラフト入団で契約金は
 1億円以上が目標です。
 僕が自信のあるのは投手か打撃です。
 
 去年の夏、
 僕たちは全国大会に行きました。

 そして、ほとんどの投手を見てきましたが
 自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、
 打撃では県大会4試合のうち
 ホームラン3本を打ちました。

 そして、全体を通した打率は
 5割8分3厘でした。

 このように自分でも納得のいく成績でした。

 そして、僕たちは1年間負け知らずで
 野球ができました。

 だから、この調子でこれからもがんばります。
 
 そして、僕が一流の選手になって
 試合に出られるようになったら、
 お世話になった人に招待券を配って
 応援してもらうのも夢の1つです。

 とにかく一番大きな夢は
 野球選手になることです」

  * *


作者は愛知県西春日井郡
小学校6年2組鈴木一朗。
 

賢明な読者にはすでにおわかりだろう。 


いまをときめく大リーガー、
イチローの子ども時代の作文である。
 
イチローの資質は特別、いわば天才という。
その通りだろう。


しかし、この作文が夢を実現する上で大事なものは何かを
語っていることも事実である。


まず、第一に自分の夢に対していささかも迷いがない。


夢を素直に信じている。
つまり夢に対して本気、本腰である。
 

次に、自らの夢に対して
代償を進んで支払おうとする気持ちが強い。


365日中360日激しい練習。
友達と遊ぶのは1週間で5、6時間という。


そういい切る言葉に少しの悔いも未練もない。


「夢をみることは重荷を背負うことだ」


と松下幸之助氏はいったそうだが、
そのことをすでに体得している感がある。
 

そして最後に、お世話になった人に対して報いるという
報恩の心を持っている。


夢を持ち、その夢を実現すべく燃えることができるのは、
全生物のなかでも人間だけである。


天から授かったこの能力を
フルに発揮したいものである。



いかがでしょうか?

「夢」の実現のためには

その夢をできるだけ具体的に

描き、それを自分の頭の中で

「映像化」するくらいにリアリティー

を持たせる。そうすると、不思議

なことに、人間というものは、

その到達点に向けて、動き出すと

言われています。

もちろん、強い意志と継続力が

必要ですが、思い描く映像が

リアリティーがあれば、あるほど

それに近づく、と言われます。

皆様の 何かのご参考になれば

幸いです。

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから