「信じる」を考える

>
> 「信じる者は、救われる」とは、どういう意味か?
>
> 日常あまり意識しないけれど、
>
> だれであれ常に何かを信じているし、
>
> 信じることで壊れやすい自我を守っている。
>
> ぼくらは科学技術を信じて車に乗るのであり、
>
> 運転手を信じるからこそタクシーにも乗る。
>
> もしも「信じる」ということが全くできないならば、
>
> 人は瞬時に絶望の闇に閉ざされてしまうだろう。
>
>
>
> ところが現代は、不信の時代だ。他人が信じられない。
>
> 夫も妻も、我が子でさえも信じられない。
>
> 政治やマスコミはもちろん、
>
> 科学も宗教も、自分自身すら信じられない。
>
> だから未来が信じられない。そして不信に疲れている。
>
>
>
> 確かに今の時代には不信をあおるような
>
> 事件や事故、虚偽や隠蔽があふれている。
>
> 人間関係のモラルも変容し、信じても裏切られることばかりだし、
>
> 洗脳や盲信は最大の恐怖だ。
>
>
>
> しかし、そんな時代だからこそ、素朴に「信じる」


 
 という、 無邪気な行動の値うちが高まっているのではないか。
>
> なぜならば、あらゆる問題が、
>
> 最後は「信じる」ことでしか解決できないからだ。
>
> 疑いは対立を生む。疑いは疲労を生む。そして疑いは

 さらなる疑いを生む。
>
>
>
> それに対し、信じることはそのままエネルギーだ。
>
> 信じれば信じるほど、生きる力が生まれる。
>
> どれだけ疑っても、疑いからは答えは出ない。
>
> どのみち一瞬先は、だれにも分からないのだ。
>
> 信じたものだけが、その一瞬先を切り開く。
>
>
>
> 決して負けない。希望を捨てない。全員があきらめても、

 一人夜明けを待つ。
>
> まず自分を信じよう。
>
> 自分のうちに、自らを超えた力が豊かに備え付けられて

 いることを信じよう。
>
> 昨日の失敗は、その力に目覚めるためだったのだ。
>
> そして他人を信じよう。どんなに弱い人間のうちにも、
>
> 信ずるに値する尊い魂があるはずだ。
>
> 相手を疑うことをやめたとき、新しい関係が生まれる。
>
> だれでも疑われれば閉じこもり、他者から信じられる

 ことで開かれていく。
>
>
>
> そうしてみんなで、明日を信じてみよう。
>
> 信じるほどに実際に喜びが増し、信じるほどに仲間が

 増えていく。
>
> その事実こそが、信じる根拠だ。
>
> 信じる者が救われるというよりも、信じることそのもの

 が救いなのである。
>
>
>
> --------------------
>
> 『星言葉』
> ISBN978-4-7896-0468-0
> 1000円+税
> 著:晴佐久昌英
> 版:女子パウロ会
>

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから