介護事業者が陥りやすい、人事評価の5つの問題点 その5

みなさん、こんにちは!

今日は、シリーズ最後の「その5」をお伝えいたします。

その5:個人の成績を個人の責任であると断定してはいけない




評価制度の底には、「成績が悪いのは個人の能力不足だ」

という考えがあります。

しかし、個人の成績は会社や上司にも左右されているのです。

われわれが目指す「人を育てる人事評価」では、

成績の悪い職員には、上司や会社の支援・協力でこの職員を

カバーしなければなりません。責任は全体にあります。

個人の成績に帰してしまっては、組織として力は低下して

いくばかりで、こちらの方が重大問題あることを認識

すべきです。

成果主義による評価制度に生まれがちな

「個人責任主義」から是非脱皮をして、チーム全体の成果を

求める「全体責任主義」に移行しなければなりません。

全体責任主義は組織の「温かさ」が基本なのです。

この「全体責任主義」はメンバー間の信頼、協力、

思いやり、誠意などがその根底に流れる考え方・価値観に

なっている必要があります。

人の能力不足を指摘するだけでは信頼関係は生まれません。

信頼関係や職員同士の絆が強い職場として「全体責任主義」

を作り上げていく必要があります。

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから