研修効果を最大化させるには

研修効果を最大化させるには。




今日皆様に、ウェストミシガン大学・ロバート

・ブリンカーホフ教授が見出した「研修効果を

左右する3つの要因」についてご紹介させていただきます。

●研修の効果測定に関する権威である同教授は、

研修効果を左右する3つの要因について、次のような結果を

導き出しました。「研修の効果に影響を与える因子は3つある。

一つは受講者の事前のレディネス(学習に向かう準備姿勢)

(4割)、研修内容そのもの(2割)、そして、学んだ内容を

事後に活用する(出来る)環境(4割)だ」・・・・・・

●「研修内容そのものが2割」とは、研修講師も頻繁に務める

 私としては少々切なさを感じなくもない数字ですが^^

 でも、言われ見てみれば確かにその通りかもしれません。

 比率に対する実感は沸かないものの、研修開始前から

 高いモチベーションを持って参加されている方は

 やはり吸収力が違うように感じますし(質問やアンケート

 を見ればよく分かります)、研修後、私に様々な実践報告

 をいただく方々も、確かに他者と比べて圧倒的に成長

 スピードが速い気がします。或る意味、学生時代に何度も

 先生から言われていた「予習」「復習」の重要性にも

 通じる話かもしれません。

●法人によっては年間相当なお金をかけているであろう、

 研修投資。その投資に対する今以上のリターンを狙うとする

 ならば、一体どんな工夫が出来るでしょうか?

 上記視点を基に、“研修前”“研修後”の仕組みづくりに

 ついて、あらためて考えてみても悪くないかも知れませんね。

              (参考:ケアビジネスパートナー
                  記事)

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから