日本型介護サービスをアジアへ 協議会初会合

2月9日NHKニュースより

高齢化が進むアジア地域に日本型の介護サービスを

普及させようと、政府は医療介護分野の専門家らに

よる協議会の初会合を開き、現地で活躍が見込める

介護人材の育成や、自立支援を重視したサービスの

普及に取り組む方針を確認しました。




政府は、高齢化が進むアジア地域で、日本の民間の

介護サービスへの関心が高まっているとして、海外へ

進出する介護事業者が円滑に資金調達を行えるように、

官民ファンドからの出資を受けやすくすることなどを

盛り込んだ基本方針をまとめました。

この具体化に向けて政府は9日、東京都内で、医療介護

分野の専門家や関係団体の代表、それに民間の

介護サービス事業者らが参加した「国際・アジア健康構想協議会」の初めての会合を開きました。

会合では、現地で活躍が見込まれる介護人材の育成を

後押しするため、日本で介護福祉士の資格の取得を

目指す人に対し、あらかじめ基礎となる日本語や専門用語

を学べる学校を設立することや、超高齢化社会を見据えて、

寝たきりの予防など自立支援を重視する介護サービスの

普及に取り組む方針を確認しました。

以上、皆さまの今後のご参考になれば幸いです。

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから