1月11日 人間力向上研修@埼玉県社会福祉協議会

平成28年度 福祉人間力向上研修の実施について
~ 介護や保育のサービスの質を高める人間力とは ~

1 目  的
良い介護や良い保育をしていくためには、正しい知識や技術が必須です。しかし、良い介護、良い保育を継続していくには、これらに加え「福祉の心とコミュニケーション」がとても大切なものとなります。
本研修では「福祉の心とコミュニケーション」を「福祉人間力」とし、「優しい心」「他人を思いやる心」を相手に分かりやすく具体的な「形」(表情、態度、言葉、行動)にして伝えるスキルを身に付け、介護や保育のサービスの質の向上に資することを目的とします。

2 主  催   社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会
        (自主研修)

3 対 象 者  
社会福祉施設・事業所で、介護・障害事業所の職員、市町村社協で介護現場を担当している職員、児童・保育の保育現場を担当している職員及び職場研修の担当者で2日間のプログラムに参加できる方。
※おひとりでの参加も可能ですが、同一施設、複数名での参加を推奨します。

4 定  員  110名 ※申込先着順
 
5 期日・研修時間及び会場(会場案内図参照)

1日目 平成29年1月11日(水)
[会場]
埼玉建産連研修センター 3階 大ホール
さいたま市南区鹿手袋4丁目1-7

○注こちらの会場はエレベーターがございません。

2日目 平成29年1月25日(水)

1日目:受付9:20~9:50 オリエンテーション 9:50~10:00 
    研修10:00~16:00

2日目:受付9:30~9:55 研修   10:00~16:00

6 講  師  
 林 経営労務コンサルティングオフィス  代表  林 正人 氏
7 持 参 品
(1) 研修参加費
(2) 筆記用具
(3) 手鏡(女性用コンパクト位の大きさ)
(4) 昼食(会場1階のレストランでお弁当販売しております)
(5) 課題(本会HPの各種研修課題・資料(右端のオレンジ色のアイコン)から課題をダウンロードしてください。)

8 内  容

【1日目】 
(1)福祉現場で「はたらく」ことの意義、そしてこの仕事を「天職」にするには

(2)福祉サービスの質を高める人間力(スキルとモラル)とは

(3)「人間性」は変わらなくても、ヤル気があれば「人間力」は必ず変わる
(4)「人間力」を向上させるために 福祉の現場で具体的に何を実践すればいいか

【2日目】
(1)福祉現場で必要な人間力の4つの要素
(2)「ありがとう」いっぱいの職場をつくる
(3 心に栄養を与える福祉現場におけるプラスのストロークとは
(4)福祉現場を活き活きさせるプラスの気と起爆のこころ

9 参 加 費  
(1)本会会員事業所で従事する方    8,000円

(2)賛助会員事業所または未加入事業所で従事する方  16,000円

※ 本会会員区分は事業所単位です。(法人単位ではありませんのでご注意ください。)
※ 入会に関する詳細は本会HPをご覧ください。

10 申込方法
本会HP埼玉県社会福祉協議会 福祉の研修(http://www.fukushi-saitama.or.jp/site/welfare/study/

「福祉人間力向上研修」の申込みはこちらをクリックし、必要項目を入力して送信してください。

(1)自動確認メールが届きます。自動返信メールが届かない場合はお申込みができていない可能性がありますのでお電話などでお問い合わせください。
(2) 変更やキャンセルもHPからお願いいたします。


11 申込先及び問い合わせ先 
〒330-8529 さいたま市浦和区針ヶ谷4-2-65 
 彩の国すこやかプラザ2階
  埼玉県社会福祉協議会 研修開発部 
  福祉研修センター(担当:小坂・安藤)
       (?:048-822-1190) 
    (e-mail: kosaka@fukushi-saitama.or.jp)

14 研修会場 ※公共の交通機関を御利用くださ

埼玉建産連研修センター   
 住所:さいたま市南区鹿手袋4丁目1−7



お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから