ソニーグループの介護人材採用戦略

介護人材採用に関し、とても興味深く、

介護業界に 携わる我々に様々な示唆を

与えてくれるであろう記事に出くわしました。

今日は、その内容
を皆様にも共有させていただきます。

ソニーグループの介護人材採用戦略に関する

エピソ ードです。

(出典 ケアビジネスパートナーより)



> ●東京・世田谷区の祖師ヶ谷大蔵駅近くに2016年4月、

介護付有料老人ホームがオープン した。

「ソナーレ祖師ヶ谷大蔵」。

ソニーグループが自ら開設した初めての

有料老人ホームである。
>
>
●立ち上げに当たり、同社グループの介護事業を担う
ソニー・ライフケアは2015年7月か ら、職員の採用募集を
始めた。一般社員やパートを含め、募集定員は34人。

ただでさえ介 護現場の人材不足が叫ばれる環境下、
世田谷区は大手介護事業者の牙城。

「人材が集まらな いのでは、と行政からも

ストレートに質問された」と

ソニー・ライフケア 代表取締役社長
の出井学氏は明かす。
ところが、その懸念は杞憂に終わった。

ふたを開けてみると定員の3倍、101人からの応募 が

あったのだ。
>
> ●ソニーブランドゆえか。そうではない、という。

介護パート職種を例に挙げれば「ソニー グループだから、

という入社動機は5%にすぎなかった。ソニーブランドを

意識していた人 はほとんどいない」(出井氏)。
>

●では何が功を奏したのか。「介護に対する考え方、

商品企画、そして従業員に対する目線 が評価された」
(出井氏)。半年を越える採用期間を確保したことや、

採用活動費を惜しまな かったことも大きい。だが

決め手となったのは、従業員とのマッチングを重視した

商品企画 や面談にあったと出井氏は強調する。

>
> ●「高齢者住宅フェア2016in東京」(2016年7月27~28日、

東京ビッグサイト)の併設 セミナーに登壇した出井氏は、
ソニー・ライフケアが取り組んだ“価値観の共有”を重視し
た採用活動について語った。

介護業界の志望者には「報酬ドリブンな仕事を求めるマインド
セットはない」(同氏)。どのような価値を、

顧客(居住者)や職員に提供しようとしている のか。

その姿勢こそが吸引力になるという。
>
> ●提供する介護の“質”にこだわるソニー・ライフケアが

それに劣らず重視するのが、職員 が働く環境の質。

業務オペレーションや居室設計を

「従業員視点でもとらえる」(出井氏) 発想だ。例えば、

介護現場でのロボット活用に対する考え方に、その一端が
垣間見える。
>
> ●出井氏がロボット活用の“お手本”に挙げたのが、
石川県の温泉旅館「加賀屋」。料理自 動搬送システム

を導入することで客室係の負荷を軽減し、接客に集中

できる環境を整えた。

> 介護でのロボット活用を考える上ではこのように

「効率化によってできた時間を、いかに人 と人の

触れあいの時間に回せるかが大切。“客との接点”

を効率化すべきではない」(同氏)。
>
●ソナーレ祖師ヶ谷大蔵では、居室設計にも介助のしやすさ

などの従業員目線を取り込んだ。全室に、人手による給水が

不要な自動給水式の加湿器を配備。

ベッドも転落防止を重視 した超低床型ではなく、介助との

親和性などを考慮した高床型を採用した。
>
> ●こうした配慮をしつつ、実際の採用活動に当たっては、

一般社員採用の面談は最低3回 を実施したという。

ソニーグループが介護事業に参入した背景や理念を

アピールするなど、 面談する側からの情報提供”に注力。

職場の雰囲気を魅力的に伝えられるように、1次面接は

入社時の同僚になる社員が担当した。

>
価値観を共有すべき相手とのマッチングを重視した、

きめ細かな採用活動。そこからにじ み出るのは、ソニー

グループが介護事業の基本方針とする

“質が量を作る”への信念だ。

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから