介護施設で働きながら大学へ

みなさん、こんにちは!

今日は 沖縄の琉球新聞にとても興味深い

記事を見付けてましたので、皆様にも

ご紹介させて頂きたいとおもいます。

以下 新聞記事からの引用です。

経済的な理由で進学が難しい学生を首都圏の

高齢者福祉施設で受け入れ、働きながらの進学を

支援する自立支援プログラム「ニライ塾」を

県出身者が立ち上げ、次年度の入学に向けて、

利用を呼び掛けている。

企画したのは、学生の進学支援に取り組む


介護コネクション=東京都=の奥平幹也代表(42)。

学生は基本的に福祉施設からの貸付金と既存の奨学金を

併用して学費を支払い、介護士として施設で働く。

給与を生活費と借りた学費の返済に充てる。


介護現場の人材不足にも対応する新たな就職進学の仕組みだ。

によって異なる。現在、6人(うち県出身者1人)が

「塾生」として、働きながら学んでいる。勤務時間は

早朝か夜間中心か、宿直を伴う夜勤中心のシフトを提示。

ニライ塾は、学生と定期的に連絡を取り、

助言をしながら就労継続を後押ししている。

 塾生の一人、駒澤大学2年生の大城良太さん(21)

は都内の特別養護老人ホームで、高齢者の身の回りの

ケアに当たっている。「1日の大半を車いすやベッドで

過ごす高齢者の姿に衝撃を受けたが、人と人が支えられ

ながら生きていることを実感した」と語る。

「先輩が常にサポートしてくれるので、安心して働ける。

経済的にも安定した」と、声を弾ませた。



 ニライ塾の問い合わせは、介護コネクション(電話)03(6721)2450。



 

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから