異業種から学ぶ!人を大切にする経営とは

みなさん、こんにちは!

先週の金曜日は、東京都社会福祉協議会

主催の坂本光司教授の講演会に同席させて

いただきました。

講演タイトルは

「異業種から学ぶ! 社員を大切にする経営のあり方~」

受講者の方々は、都内高齢者施設の理事長、施設長

の方々で、約70名お集まりでした。

これからの福祉経営は、民間経営の異業種から優れた

ところを取り入れ、経営の質を上げていくことが肝要。



このことは、出席された多くのご参加者の共通認識で

あったような気がいたします。そのなかで、わが師

である坂本教授の講演会が開催され、

「人を大切にする坂本経営学」を、

すごい熱気の中で、講演に聞き入っている

参加者の方々をみると、福祉業界にも、遅まき

ながら大きな変化が来ているなと実感した瞬間でした。

今日のブログでは、先生が講演会で語られた項目に

ついて、そのタイトルのみご紹介させて頂きたいと

おもいます。

●企業経営(組織経営)の目的・使命は企業に関わる
 すべての人々を幸せにすること。

●企業に関わるすべての人というのは5人。そしてその
 順番が大切【社員とその家族、社外社員とその家族、
 お客、株主、地域】。

●経営者の主たる仕事とは5つである。

●3つの機能を保有していない企業経営者は本当の
 社長ではない。

●社員に定年があるならば、経営者にも定年があるのは
 当然である。


いかがでしょうか?

この内容の解説は次回のブログに譲りたいとおもいます。

お楽しみに!!





にそう

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから