「日経ヘルスケア 5月号」の特集記事に弊社が掲載されています



皆さん、こんにちは!!

 今日は、今月の日経ヘルスケア 5月号に

弊社が掲載されましたので、ご紹介いたします。

5月号の特集は「職員をヤル気にする!

医療介護の人事・賃金戦略」。

 4月に取材を受け、介護保険法の改正後の

介護事業所における人事制度・賃金制度

の動向について、お話いたしました。

 やはり 今回の改正で、注目されている施策

の一つが 新設された処遇改善加算であることは

皆様 ご承知のとおりです。

 今までの処遇改善改善加算とは異なり

キャリアパス要件が 必ず 必要になりました。

そしてそのハードルをクリアできた事業所には

従来の ほほ倍近い、加算金が支給されることに

なっています。

 ただ、現状、このキャリアパスを構築し、そして

運用している事業所は 私の知る限り、かなり

少数派のような感じを受けております。

 だからこそ、厚労省は、その現実を変える為に

このような、ある意味、「ドラスティック」な施策

に出たものと思われます。

 ただ気をつけなければいけないのは、処遇改善加算を

取得することが、キャリアパスの目的ではなく、職員の

モチベーションや「やる気」 につながるような仕組みを

作ることがその目的であるということです。


 その目的の結果として、職員の定着向上や離職率の減少

という結果につながってくるものだろうと思います。


 つまり、その為には まず 現場での活用が継続的に

行われ、定着できるキャリアパスでなければなりません。

それには、どんな制度にする必要があるのか・・・・

このあたりは、 弊社のセミナーでお伝えしていますので

ご興味のある方は、是非 ご参加いただければと思います。


セミナーは 東京で、毎月開催しております。


この ブログでもまたご紹介いたします。

それでは。

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから