将来の不安を感じた時には・・・

皆様、こんにちは!!


 最近、介護事業者の方から、来年はどうなるの?

ビジネスとして成り立つのだろうか?

などの声をよく聴きます。

人はだれでも将来への不安を抱えながら

暮していますが、そんな不安が大きくなった

時こそ、その時の「心構え」が、不安からの

脱却に大きく関わってきます。

そこで、以前お聞きした、井上裕之さん

のメッセージをご紹介したいと思います。





【不安は始める前によく抱く感情ですが、

もう一つ、進捗状況が滞ったときにも

起こりやすいものです。

誰でも新しいことや慣れないことを始めると、

最初はスイスイと吸収できるから

レベルアップを手に取るように実感できます。

ところが、ある程度のところにくると、

踊り場にさしかかります。

このとき「やっぱりムリ」あるいは

「ここを乗り越えれば大丈夫」と思うかで、

その後の展開がガラリと変わってきます。

「やっぱりムリ」と思ったら、

不安が拡大して、ドンドン不安の大波に

のみ込まれてしまいます。

反対に

「大丈夫」と思えば、

その後に控える難題も乗り切っていけます。

この両者の違いは何かというと、

できることをイメージしているかどうかです。

成功する、

あるいはうまくいくイメージができていれば、

不安は自分の中から一掃されて

勇気が湧き上がってきます。

このイメージが潜在意識の力を引き出し、

成功した・うまくいった未来を引き寄せるのです。



うまくいく自分しか見えないので、

難題をクリアすることができるのです。

このイメージの力は、

成功の度合いに比例します。

うまく強くイメージできれば、

それだけ成功も

大きく確実なものとなっていくのです。】


いかがでしたでしょうか?


何かのご参考になれば幸いです。




お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから