プロの条件 1

みなさん、こんにちは!!

今日は、最近読んだ本の中から

凄く心に残ったものをご紹介

させて頂きたいと思います。

藤尾秀昭著「プロの条件」。

その一節を、2回のブログに

分けて、ご紹介いたします。

--------------------------------

職業のジャンルを問わない。

仕事をすることによって報酬を得ている

人は、そのことによって、既にプロである。

また、プロでなければならないはずである。

しかし、現実には

プロとしての仕事の仕方をしていない人が

相当数いることも事実である。

プロとアマとの違いは何だろうか。

それは次の4つに集約されるのではないか。

第一は、プロは

「自分で高い目標をたてられる人」

だという事である。

自分なりには、ほどほどあればいい、

この程度で良いだろうと、

目標を出来るだけ低く設定しよう

とするのがアマである。

プロは違う。

プロは自分で高い目標を立て

その目標に責任をもって挑戦して

いこうとする意欲を持っている。

第2は「約束を守る」ことだ。

約束を守るということは、成果を出すと

言うことである。

自分に与えられた報酬に相応しい成果を

きっちりと出せる人、それがプロである。

成果を出せなくても何の痛痒(つうよう)も

感じず、やれなかった弁解を繰り返して

やりすごそうとする者がいる。

アマの典型である。

第3は「準備をする」。

プロは絶対に成功するという責任を

自分に課している。

絶対に成功するためには徹底して

準備をする。

準備に準備を重ねる。自分を鍛えに

鍛える。

そして勝負の場に臨むから、

プロは成功するのである。

アマは準備らしい準備をせずに

まあ、うまくいけば勝てるだろうと、

安易な気持ちで勝負に臨む。

この差が勝敗の差になって

表れてくるのである。

表現を変えれば、

プロは寝ても覚めても考えている人

である。

起きている時間だけではない、

寝ても夢の中まで出てくる

それがプロである。

少しは考えるが、すぐにほかのことに

気を取られて、忘れてしまうのが

アマの通弊である。

・・・・・・・・・・・・・・・

続きは 「プロの条件 2 」へ


福祉人材の人間力向上研修

お電話でのお問い合わせ

03-6435-7075(平日9:00~18:00)

営業時間外のお問い合わせはこちらから