介護施設の人事労務Q&A(2)

2012年5月18日に投稿されたの人事労務ニュース

東京:港区の社会保険労務士は介護のコンサルに抜群

投稿日付は2012年5月18日

医療事業者様向け情報

訪問介護の労働時間管理(Q)

Q、利用者宅3分遅く訪問し、3分早く切り上げて帰ってくるヘルパーがいます。微妙な時間だけに、利用者もご家族も本人にクレームが言いにくいということで苦情がきました。どうすればいいでしょうか?

訪問介護の時間管理(A)

A、訪問介護の場合、施設内と違い、管理者の目が届かないため、業務内容については職員のモラルに関わってくることは否めません。まずは、職員に事実を確認する必要があるのですが、職員とは「押し問答」になってしまうことが多いと思います。

でも、そこで事実関係を曖昧にしないことが重要です。
そこでたとえば、このような聞き方はいかがでしょうか。
「事実がわからないままだと、あなたがきちんと時間通りに業務を提供していても、また利用者さんが勘違いをしてクレームを言ってくることになるでしょう。原因がわからないと対応もできないと思いませんか?」
少なくとも事実を明らかにし、ご利用者に対策を説明することが必要になります。

そこで、例えば、訪問時間に利用者宅に行ったら、利用者やそのご家庭に印鑑を押してもらう捺印簿をつくるなど、管理者が管理できて(続けられ)利用者のご家庭も確認できる仕組みはいかがでしょうか?この時間管理は労働時間管理としてヘルパーさんの「移動時間」や「空き時間」の時間管理にもつながることになり、お勧めしたいところです。ただ、くれぐれも、無理なく続けられる仕組みをつくることが重要です。

(2012年5月18日)

取扱業務

介護経営情報

福祉・医療事業者様向け情報

事務所案内

お問い合わせ

社会保険労務士法人ヒューマンスキルコンサルティング

〒105-0004
東京都港区新橋5-25-3
第2一松ビル3階
TEL:03-6435-7075
FAX:03-6435-7076

このページの先頭へ

社会保険労務士法人ヒューマンスキルコンサルティング社会保険労務士法人ヒューマンスキルコンサルティング

事務所    03-6435-7075
携帯電話 070-6518-8840

お急ぎのご連絡、夜間、休日の対応は携帯までお願い致します。